<リサイクル文化センター周辺の現在の空中線量調査及び土壌の採取>

2012/01/04(水)

リサイクル文化センター(下小山田町)周辺6ポイント  (単位はμsv/h)

場所

時刻 天候 地上5cm 地上1m
最小値 最大値 最小値 最大値
北東500m 図師町坂下橋付近
13:45 晴れ 0.04 0.07 0.03 0.07
北東500m リサイクル文化センター北東車道側溝
13:50 晴れ 0.08 0.14 0.07 0.14
南東600m 図師小学校裏
14:00 晴れ 0.03 0.14 0.07 0.10
南東900m 図師小学校裏の公園(もみじ公園)
14:05 晴れ 0.10 0.15 0.08 0.14
北350m  リサイクル文化センター北住宅地
14:10 晴れ 0.07 0.14 0.08 0.13
北300m  熊の堂公園
14:15 晴れ 0.07 0.12 0.06 0.12

町田市リサイクルセンター工場棟からの方向・距離については目測によるものです。

瓦礫の受け入れ問題に関して、当会は石阪丈一市長宛てに質問状を送付しておりますが、本日(1月4日)、当会は瓦礫の受け入れ先となるリサイクル文化センター(下小山田町)周辺の受け入れ前の環境調査を吉田つとむ町田市議会議員と共同で行いました。

 

リサイクル文化センターに関しては吉田議員が入手しておられた環境アセスメントの報告書により、北北西からの風が圧倒的に多く吹く環境であることが明らかになっていました。

 

風下にあたる南南東地域での土壌の採集を行いたいと考えておりましたところ、吉田議員を介して近隣の図師町界隈の方で土壌の提供を頂ける旨のお話がありましたので、本日当該地域で土壌の採集を行うとともに、吉田議員にて空中放射線量の測定を頂き、以下の通り、当会に対してもデータの提供を頂きましたので公開します。

 

 

なお採集した土壌は1月9日以降に測定機関へ提出する予定であり、現状の放射性物質の含有結果が分かり次第公開して参ります。


当会としては瓦礫受け入れ前と後、すなわちビフォアアンドアフターについて、ビフォア部分のデータの充実が事後の危険性把握のためにも肝要と考えており、その収集に努めています。

(平成24年1月4日事務局記)