<10月の町田南地域の水道水の放射性物質の含有調査について>

10月の調査は、当会が10月31日(水)に町田市南地域で取水した水道水を検査機関(放射能汚染食品測定室)に提出を行い、8月同様の仕様で実行しました。


結果は、放射性物質としてのヨウ素、セシウムは全く検出されず、今回も当該検査機関の担当者からは「とてもきれいなお水でした。」とのコメントを頂いております。


この町田南地域の水道水の放射性物質の含有調査は、平成24年2月4日付の当会トピックス欄記載の趣旨に基づき、本年2月より、吉田つとむ町田市議会議員と共同で始めたものですが、原則、月一度の取水により、ヨウ素、セシウムに関する、町田市南地域の水道水の含有調査を行ってまいりました。


幸いなことに調査を始めてから、現在まで町田市南地域の水道水からは、ヨウ素、セシウムは一切検出されておらず、当会としても、この上水道としての安全性の機能維持を、当局が永続的に実行することを、今後も切に願うものであります。

 

(平成24年11月7日事務局記)