<今月(2月)の町田市南地域の水道水の放射性物質の含有調査の結果が出ました>

2月4日、6日付のトピックス欄に記載させていただいておりましたところの、吉田つとむ市議会議員と共同しておこなうこととなった町田市南地域の水道水の放射性物質の含有調査でありますが、当会として、2月22日(水)に南地域の水道水の取水を行い、検査機関(放射能汚染食品測定室)に提出いたしました。

 

その結果、放射性物質としてのヨウ素、セシウムは全く検出されず、「とてもきれいなお水でした。」とのコメントを当該検査機関の担当者からはいただけております。

 

なお当該検査機関の検出限界値は、ヨウ素が約2ベクレル/キログラム、セシウムが約3ベクレル/キログラムでありますが、今回の検査に関しては特別に1べクレル/キログラム未満単位を前提に検証を行っていただいたものであり、検査機器上も「ヨウ素、セシウムの含有の可能性はまずゼロといってよい。」とのコメントもいただけております。

(平成24年2月24日 事務局記)