<参議院議員会館の川田龍平先生の事務所をお訪ねし、請願支援等の御礼と「平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質から子ども及び妊婦をはじめとする国民の健康を保護するための施策の適切かつ効果的な推進に関する法律(案)」の説明を川田先生より直接承りました>

「平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質から子ども及び妊婦をはじめとする国民の健康を保護するための施策の適切かつ効果的な推進に関する法律(案)」
平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により
PDFファイル 292.6 KB

平成24年1月11日に当会事務局は、参議院会館の川田龍平先生の事務所を訪問させていただき、先般の町田市議会における当会提出の請願に対する「みんなの党」としての支持・支援の御礼を申しあげさせていただきました。

 

また、この際、現状川田先生が議員立法としてお取り組みになっている標記法案の要旨の説明を直接川田先生よりいただけました。

 

この法案は、「次世代を担う者の保護」「健康への悪影響の未然防止」「外部被曝及び内部被曝の影響を考慮した総合的な施策」「透明性の確保、住民意向の尊重等」を骨子とするものであり、未曾有の国難といえる福島第1原発事故に対し、なくてはならない法律といえるものです。

 

特に本法においては、「次世代」という用語により、放射性物質の遺伝子を傷つけるという特性に関し、「将来世代」をも意識した表現を用いその保護を図ろうとしていること、「未然防止」という従来ともすれば、為政者から回避されがちであった予防政策に踏み込むこと、法律上従来現れることのなかった「内部被曝」という概念を取り入れたこと、さらに「除染に関する透明性の確保」と「住民意向の尊重」という視点を入れたこと等に意義のある法律であることを立法を目指すローメーカーとしての川田先生より直接解説をしていただけました。 

 

当該草案の全文は要綱も含め、別添のとおり、掲載させていただきますが、この法案は、当会設立の趣旨とも多くの面でオーバーラップする法律といえ、こういった法案が早期に可決成立することを当会としても切に希望するものです。  

(平成24年1月13日 事務局記)