<白川哲也市議会議員のご努力により学校給食用牛乳飲用辞退児童に対する返金が町田市内の未実施学校でも始りました>

3月14日付トピックスでもお伝えさせていただいた「みんなの党」の白川哲也市議会議員の町田市議会でのお取組みにより、放射性物質含有への懸念から学校給食用牛乳の飲用辞退を行っている児童に対する当該牛乳代の返金が、現状未実施であった南地域の一部小学校においても、辞退時までさかのぼって先週より行われだしはじめました。

 

これは、今回の問題について、白川哲也市議会議員への情報の提供、改善の要望を当会が行ったことに対する御礼のご連絡が、当会事務局に対して、未返金であった児童の父兄からあったことからわかったものです。白川哲也市議会議員には早速その旨御礼ともどもお伝えいたしました。

 

白川市議会議員からは「辞退児童全員に対して返金が完了するまでにはまだ時間がかかると思うが、町田市は前向きに取り組む模様であり、今後もその履行状況をフォローしていきたい。」とのコメントを頂きました。

 

当会としては、この返金問題に関しては、逐次状況を白川市議会議員に提供していきたく考えますので、返金が開始された場合、該当者の児童の父兄より当会宛てメールにてご連絡を賜れればありがたい次第です。ご協力のほど何卒宜しくお願いします。

(平成24年3月19日事務局記)